親が残してくれた遺産で神奈川にマンション工事をおこなってオーナーになる

地震にも強いマンションを建て賃貸にする

両親の他界により実家を更地にしてマンションを建設地震にも強いマンションを建て賃貸にする不動産担保ローンを活用しマンション工事に着手

そこで兄弟姉妹で相談して、家や蔵の中にある古いものはその手の業者に処分を委託することにしたのです。
また敷地は更地としてからマンション工事をおこなって、賃貸物件として不動産会社に管理を任せることにしたのでした。
それらによって税金を支払ったり、賃料で収入を得るマンションのオーナーを目指したというわけです。
実際にかなり広い敷地でしたし、神奈川なので地価も決して安い方ではありませんから普通に相続することは難しかったのも事実です。
でも地震にも強いしっかりとした免震構造のマンション工事をすれば、将来に地震国の我が国では避けられない震災にあっても建物は残る場所だと踏んだのです。

それによって私たち兄弟姉妹には継続的な賃料の収入が確保されることですから、亡くなった親たちもあの世でそれほどがっかりしないで済んだのではないでしょうか。
実は隣近所の知り合いたちのそれぞれが親の死去に伴って遺産を相続した後に、家屋を保存するためにとても苦労しているのを見てきました。
だからこそ確かに先祖は大切だけれど、現代の事情に合わせて対処しなければ残された子孫が苦労をすると分かっていたのです。
私たち兄弟姉妹はプロの写真家を雇って、実家が壊される前に記録を作ることにしました。

マンション工事 神奈川こちらマンション大規模修繕工事